HOME > 商品一覧 > 色評価用標準印刷物
▼ 商品カテゴリ(全商品)

サンプル請求

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください

ISO9001認証


インバウンド印刷屋さん
色評価用標準印刷物
色評価用標準印刷物 カラープリンタの色、正しいですか?
色評価用標準印刷物イメージ 色評価用標準印刷物 説明画像 色評価用標準印刷物 説明画像
  • 色評価用標準印刷物イメージ
  • 色評価用標準印刷物 説明画像
  • 色評価用標準印刷物 説明画像
 
制作段階から本刷りに至るまで安定したカラーマネジメントを確立を目指す!

「DDCP」と「印刷本機刷り」のカラーマッチングができない原因は基準となる「色評価用標準印刷物」が無いからです。
商品説明
    ◎色評価の基準となる色評価用標準印刷物とは?
  • 色評価用標準印刷物の必要性
    印刷の色評価の標準化とは、印刷物を製造するにおいて基準となる目標色すなわち色数値を定め、制作段階から本刷りに至るまで安定したカラーマネジメントを確立することを目標としています。

    いかにデジタル化が進み印刷機械の性能が向上したといっても、それぞれの工程が基準色の目標を持たずに制作を行ったならば、従来から印刷業界が抱えてきた『デジタル出力された色原稿と本刷りが合わない』『制作工程でどう処理すればいいかわからない』といった課題を克服することはできません。

    カラーマネジメントを確立する上で色評価の基準となる標準印刷物がなければ、おおよそのカラーマッチングは出来るが、本機刷りに合わせたカラーマッチングが行えず、何を基準に色調整をするのか校正から本刷りまでの色調統一を図る物差しがなくなってしまいます。 色評価用標準印刷物はその問題を解消するために作られました。

    サンプルを見る  (画像クリックで拡大画像が開きます)
    ●A2サイズ(菊半切)サンプル        ●A3サイズ(菊4切)サンプル
    A3サイズサンプル   A3サイズサンプル

  • ◎カラープルーフ出力機の色評価基準作り
  • 最近では、インクジェットやデジタルカラープルーフ(DDCP)を色校正とするケースが圧倒的に多くなってきました。デジタル出力機も色評価基準の目標と考え方は、色評価基準に基づいて印刷された本機刷りの標準印刷物にマッチングさせることが目標であり、その考え方が定まっていない状態でカラープルーフが出力されても、正しい色調を物差しとした色校正とは成り得ませんし、本機刷りとのマッチングを図ることは出来ません。

    カラープルーフ出力機の色評価基準作りは、まず本機刷り標準印刷物と、その元データから出力されたカラープルーフやDDCP出力機の色調との比較を行います。

    本機刷り標準印刷物と各種カラープルーフ出力機によるカラー出力がマッチングするまで繰り返し曲線カーブによる色調整を行うことで正しい色調基準となるDDCPとしての色校正用の出力機となります。

    標準印刷物と同一の用紙、絵柄、サイズの統一を図ることが条件になります。

  • ◎平台校正とマッチングを図る
  • 印刷現場では平台色校正や本機校正刷りと本刷りの『色が合わない』というトラブルは頻繁に起きています。これは平台校正機の機構上の違いからではなく使用インキの色相、印刷速度、ドットゲイン量などの印刷諸条件の違いや、温湿度といった現場環境の違いなど細かい要因が複合して発生しているのが原因です。
    しかし、もっとも根本的な原因はお互いが印刷の色基準の標準化を図られていない状態での校正に合わせて印刷していることが主たる原因です。

    色校正による色調基準の物差しの無い状態での印刷は混乱をきたします。校正刷が色評価用標準印刷物と同一の基準すなわち使用用紙、インキ、刷版焼度、ドットゲイン管理などで印刷されていれば本刷での『色が合わない』というトラブルは激減します。必須条件としては本機刷りの標準印刷物に合わす基準で諸条件の整備によるカラーマネジメントをされていれば本刷りは極めて楽なものになり、問題点も明確になることは間違いありません。

  • ◎本機の色調整に活用する
  • 本機も標準印刷物を基準としたドットゲインや濃度管理、胴仕立てなどの標準的な機械調整を行わねばなりません。自社の印刷が標準の規格に合致しないまま印刷しても『色が合わない』ことの原因が本機刷りにあるのか校正刷りにあるのかが解りません。まずこの問題点を解消すべきです。 原因が校正にあるのか本刷りにあるのかが解明されないまま印刷することは、いつまでも品質の安定化とグレードの向上が図れなくなってしまいます。

    色評価用標準印刷物と自社の本機刷りとの比較は自社の印刷技術の問題点や改善点を明確に伝えてくれる基本スペックが多く取り入れられていますので問題の解明が簡単に行えます。

  • ◎クレーム対策に利用する
  • 印刷会社にとって刷色に対するクレームはもっとも頭の痛い話です。わずかな色の違いでも刷り替えを求められたりするものです。 いつも問題となるのは校了紙と本刷りとのマッチングですが、これは校正の部分でもお話ししたように、校了紙と本刷りの間でお互いに標準化を図ってやれば未然に防ぐことのできる技術上の問題点でもあります。

    ただ、実際の印刷現場では全てが標準的な品質でよいかというとそうはいかないものです。標準よりも濃い色調を求められるなどイレギュラーなケースも結構あります。こうしたケースでは決して標準にこだわる必要はありませんが、色評価用標準印刷物の基準からどのように色修正を行っているかを把握しておくことが重要です。 例えば、全体に10%程度の濃度アップによって網点を補正しているケースなどです。また標準印刷物を活用して印刷技術や品質に対する理論的な武装の根拠作りを行うことができます。

  • ◎色評価用標準印刷の併用
  • 色評価用標準印刷物をご購入いただきましたお客様には、その内容と同一の印刷元データをご活用いただくことをおすすめしております。 色評価用標準印刷物はこのデータを元にDDCP出力や平台校正刷りを出していただき、本機刷り用標準印刷物との色調比較を行い、それにマッチングさせることによって正しい校正の色評価の基準作りが行えます。
    カラーマッチングの基本はDDCPやカラープリンタに合わすことではありません。

    正しい印刷物の標準印刷に合わせるのが基本です。色評価用標準印刷物をご発注の際にデータの利用についてお問い合わせください。


仕 様

1営業日後出荷
       

印刷回転数
8000枚/H
用紙
コート 135kベース
インキ
DIC FUSION-G
ブランケット
BALKAN-IMAGE
工場内温度
25度
工場内湿度
55%
ベタ濃度
Y:0.9  M:1.4  C:1.5  K:1.9
ドットゲイン
50%部 15%±2%
その他
商品代金のほかに送料及び代引手数料がかかります
備考
  • 【保管方法】
    変色を防ぐために日光や蛍光灯の当たらない場所に保管してください。 より正確な評価を行うために一年に一度ぐらいの再購入をおすすめします。
詳しくはお問い合わせ下さい。
料 金
(税抜価格)
A2サイズ(菊半切) 10枚 10,000円 (正価50,000円)
A3サイズ(菊4切)  10枚
  • 当サイトに表示する価格は全て税抜価格です。消費税は別途申し受けます。
  • データ利用料含む


【印刷の職人さんご相談窓口】
ご発注・お問い合わせ・お見積り依頼はコチラ





専用FAX用紙をダウンロードのうえ、ご記入してからご送信ください。
受付時間:月曜日〜金曜日(祝祭日を除く)9:00〜12:00/13:00〜17:00
(営業日について詳しくは営業カレンダーをご覧ください)




受付時間:月曜日〜金曜日(祝祭日を除く)9:00〜12:00/13:00〜17:00
(営業日について詳しくは営業カレンダーをご覧ください)
TOPへ